アクセスカウンタ

<<  2017年5月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ


信じ切る

2017/05/30 19:37
SIMTへの取り組みでは信じることが不可欠です。いや、「信じ切る」といった表現の方が適切に違いありません。夫を信じ切る、妻を信じ切る、友を信じ切る、上司を信じ切るなどなどは、社会生活の中で必要欠くべからざるものと私は今では捉えています。そこそこに信じるという態度では、信の障害となる何らかの事態が生じた時に、その信は容易に形を変えて存在することになるでしょう。
私たちは、中途半端に信じている状態では、その信を障害するような事態になると、簡単に動揺してしまいます。また、信頼を裏切るような結果が訪れると、それに耐えがたい思いに悩まされることになります。繊細さに富んだ方は、信じた結果についての動揺が嫌で、当初から自分の信じる程度をあやふやなものにしがちです。その結果が、信じた内容と異なっても、耐えられる程度の信に留まろうとします。

しかし、これでは信じ切った心に伴う決意ある行動は出てまいりません。それなりに信じると言う行動は、その後のあやふやな行動を生み、中途半端で不満足な結果が生まれ易いに違いありません。
信じ切るということは、信じ切った結果への覚悟をするということであり、その結果に対する責任と勇気を持つということです。つまり、信に応じた行動を伴う可能性が高まるということです。

SIMTには西田哲学が応用されているだけに、その哲理が当初からの洞察課題となっており、結論を導き出す過程をも理解しようとすれば、そこに困難さを覚えるかもしれません。そこで、まずは西田哲学あるいはSIMTを信じて実践的に取り組まれることです。信じ切ることを強調すれば宗教的と批判されるかもしれません。しかし、信じることが全ての始まりなのであり、西田哲学を応用した信じ切ることを強調し得るSIMTなのです。
オーム真理教による地下鉄サリン事件以来、信じることそのものが根本的な問題であるかのような空気に、日本は覆われてしまいました。私たち個々人は、文化の影響を大きく受けています。今は、宗教的なことは信じてはならない、あるいは信じる必要はない、と何となく信じている人が多いように見えます。
しかし、これでは心から安心することはできないでしょう。

V・E・フランクルは、ただそれが真実だと信じるということを、信じるとは言わないと説きます。彼に言わせれば、ずっとそれ以上のことなのです。現代は、信じ切る力を失っているのかもしれません。フランクルは、信じることが、信じることを真実にする力を持っていると説いています。この言葉に対して、オーム真理教による地下鉄サリン事件を経験した私たちは、危険性を感じるかもしれません。
しかし、一方において、徹底的に坐禅し、徹底的に真実の自己を真摯に探究した、西田哲学の哲理を信じ切る事さえ、私たちはできなくなっているのかもしれないことに、思い至る必要があります。自我に基づいて形成されて来た自分の常識こそが疑うべき対象であるのに、多くの人がそこから離れられずに、結局自ら苦しみの中で生きているように私には見えます。

全ては意味に満ちていると信じる人は、そう信じることを通して、すべてが意味に満ち始めると、フランクルは言います。
何事を経験しようと、「今・ここ」の人々の平和と喜びにつながる思想を信じ切ることが、希望から見捨てられることはない世界を形成して行くと確信しています。

記事へトラックバック / コメント


何故自分だけが?

2017/05/20 21:57
何故私は二グレクトされなければならないのか
何故私だけがこんな目に会わなければならないのか

不遇な目に会うと多くの人がその様に囚われます
その様な時こそ周りをよく見渡すべきです

岩の上に必死に根を張って成長している木があります
踏まれてもまた踏まれても力を尽くす草花もあります

私たちはこの様な世界の一部です
私たちの時空もまた制限の下にあるのです

私たちは星の欠片であり大地の子です
決して特別な存在ではありません

太陽が無ければ生きていけません
水が無ければ生きていけません

世界の物となって洞察します
事実を広く深く観て行きます
記事へトラックバック / コメント


マインドフルネスの実践 脳の変化

2017/05/10 21:07
世の中は私たちが願ったようにはなりません。
私たちは、自分が願い頑張れば、全てのことは何とかなるはずだと思い込んでいる節があります。
その様な状態にあるために、例えば仕事上の成果が自分の願いにそぐわないものであると、自分の努力が足りなかったからだと、恣意的に拡大解釈して物事を捉えがちです。仕事のみに真面目に取り組んでいる人ほど、その様に思い込みがちです。グループ行動の時でさえ、望ましい成果が得られなかったりすると、これは全て自分の責任だと個人化してしまうことさえあるのです。

第二世代の認知行動療法では、この思考の偏りあるいは歪みに気づいていただき、その内容を変えていただく様、色々とお手伝いをすることになります。しかし、第三世代の認知行動療法であるマインドフルネスでは、その様な方法はとりません。思考内容を変えていただくというよりも、あらゆる思考との係わり方を変えていただくことをお勧めします。「あるがまま」を受け容れた上で、その事はその事として、それはそれとして、目前のことに力を集中して行く在り方を身につけていただくのです。

呼吸法を実践している最中には、様々な考えが次から次に生まれてきます。マインドフルネスでは、それに気づいて、思考内容の「あるがまま」を確認し受け入れて、「今・ここ」における呼吸に集中する力をつけて行きます。つまり、この練習が「刹那刹那の自己」、「今ここの自己」を形成して行くわけですが、これによって、脳の「海馬の灰白質」や「島」並びに「背内側前頭前野」の変化が起きることが分かってきました。海馬は記憶に関わる部位であり、「島」は、私たちの身体感覚の最高次中枢と言われます。「刹那刹那の自己」に関わる部位です。「背内側前頭前野」は、自己概念に関わる部位だとされています。この様に、マインドフルネスによって、脳の構造が変化することが分かってきたのです。

一方過去の研究において、抗うつ薬の服用が、海馬の厚みを増すことが分かって来ています。うつ病の方は海馬の代謝が落ちていて、長い間同じ記憶がそこに留まってしまうと考えられていますが、海馬の厚みを増すことが、抗うつ薬の効果だと考えられるようになっています。
つまり、マインドフルネスは、脳における抗うつ薬の働きのみでなく、更に広い範囲での脳への効果を生み出していると考えられているのです。
この事から明らかなように、マインドフルネスは理解ではなく、実践が極めて重要なのです。
記事へトラックバック / コメント


<<  2017年5月のブログ記事  >> 

トップへ

マインドフルネス・アシスタンス  八女 2017年5月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる